コミュペディア

ビジネスのあらゆるコミュニケーションを支援するメディア

年度末の予算消化にぴったりな販促・プロモーション方法

  • 関連記事
  • デジタルギフト

年度末の予算消化にぴったりな販促・プロモーション方法

年度末が迫ってくると、年度内の予算消化を視野に入れた施策が必要になってきます。しかし、業務に関係ないものにお金を使い、単なる予算の無駄遣いになってしまうと、結果に結びつきません。そこで、年度末の予算消化にぴったりなのが、販促やプロモーションです。この記事では、販促・プロモーションで年度末の予算消化を行う方法を3つ紹介します。

  • 年度末の予算消化に販促・プロモーションがおすすめな理由
  • 年度末の予算消化にぴったりな販促・プロモーション方法3つ
  • 年度末の予算消化なら、「デジタルギフトサービス」を有効活用

年度末に向けて効果的な予算使用の方法を検討している方は、ぜひご参考ください。

年度末の予算消化に販促・プロモーションがおすすめな理由

この時期、年度末が近づいているのに予算が余ってしまい困っている方も多いでしょう。ただ残予算を消費すればよいだけではなく、予算を有効活用し、結果も出さなければならないのも実情です。しかし、販促やプロモーションなら、効果的に年度末の予算消化を行えます。その理由は、以下の2点です。

  • 短納期・小ロットで実現できる販促やプロモーションがある
  • 成功すれば、次年度の事業展開にもつながる

販促やプロモーションには、比較的短い納期で実現できるものが少なくありません。年度末が迫ってくると、あまり長いスパンの施策は打てません。その場合は、短期間で完結する販促やプロモーションで予算消化を行うのがおすすめです。また、販促やプロモーションには、小ロットで発注できるものもあります。残予算の金額に合わせて、柔軟にキャンペーンを設計できるのも、販促やプロモーションの強みです。もちろん、販促やプロモーションが成功すれば、次年度の事業展開にもつながってきます。単なる予算消化にとどまらず、結果につながるのも販促やプロモーションの強みです。

年度末の予算消化のための販促・プロモーション方法3つ

年度末の予算消化にぴったりな販促・プロモーション方法

それでは、具体的にどのような販促・プロモーションがおすすめなのでしょうか。ここでは、年度末の予算消化にぴったりの販促・プロモーション方法を3つ紹介します。

デジタルギフトを配布する

デジタルギフトを配布するデジタルギフトサービスは販促・プロモーションにおすすめです。デジタルギフトサービスとは、キャンペーンの参加者にメールでデジタルギフトコードを送り、オンラインで謝礼や景品を贈れるサービスです。デジタルギフトサービスであれば、在庫管理の手間が省け、配送費、人件費の削減もできるため、低コストでの販促・プロモーションが展開できます。

ランディングページ(LP)を制作する

ランディングページ(LP)の作成も効果的です。ランディングページとは、商品やサービスを訴求し、コンバージョンを得ることに特化したWebページです。ユーザーが最初に訪問(ランディング)するWebページであることから、ランディングページと呼ばれています。年度末の予算消化なら、サイトリニューアルなども効果的ですが、ランディングページの場合は短納期で実現できるのがポイントです。また、「会員を増やす」「キャンペーンの認知度を高める」「商品やサービスの売上をアップさせる」など、結果につながりやすいのもランディングページの特徴です。残された時間が少ない年度末だからこそ、短納期で実現可能なランディングページでの販促・プロモーションを狙いましょう。

インターネット広告を出稿する

広告の出稿も、年度末の予算を有効に消化する手段の1つです。とくに低価格・低コストで出稿可能なインターネット広告なら、運用方法によっては、短期間で結果を出すことができます。年度末の予算消化を視野に入れる場合、以下の3つのインターネット広告の出稿がおすすめです。

 

特徴 主な料金形態
リスティング広告 検索エンジンの検索結果に関連性の高い広告を表示する クリック課金
SNS広告 FacebookやInstagramなどのSNSのタイムライン上に広告を表示する クリック課金
動画広告 YouTubeなどの動画共有サービスにプロモーション動画を表示する 視聴課金

 

もし年度末の残予算が少ない場合は、費用総額を抑えられるリスティング広告やSNS広告が適しています。

年度末の予算消化なら、「デジタルギフトサービス」を有効活用

デジタルギフトサービスの特徴として、先述した在庫管理の簡素化に加えて、レポート機能の活用によって、ギフトの配信数や受け取り数を分析し、効果測定が簡単にできることも挙げられます。デジタルギフトサービスなら、販促キャンペーンを手軽に短期間で実施できます。コンビニやファストフードチェーンの商品から、有名ブランドの人気商品まで、さまざまなインセンティブをオンラインで付与することが可能です。たとえば、商品やサービスを購入したときや、見積依頼や資料請求をしたときにギフトが受け取れるキャンペーンを展開するといった使い方があります。デジタルギフトサービス「i-gift」は、最小100円~のミニマムギフトを手間を掛けずに贈れるサービスです。年度末の残予算に合わせて、柔軟なキャンペーン設計が可能です。年度末の予算消化にキャンペーン実施をお考えなら、「デジタルギフトサービス」の導入を検討しましょう。

【まとめ】

年度末の予算消化なら、「結果」も出せる「デジタルギフトサービス」がおすすめ

年度末が近づくと、予算消化を見据えた施策を行う必要があります。年度末の予算消化なら、短納期で実現でき、さらに「結果」も期待できる販促・プロモーションがおすすめです。予算を消化できる販促・プロモーション方法は、「デジタルギフトの配布」「ランディングページ(LP)の制作」「インターネット広告の出稿」の3点です。特に、デジタルギフトサービスを活用することで、コストを抑えながら残予算に応じた柔軟なキャンペーン設計が可能です。結果を出しながら賢く予算消化を実現するため、「デジタルギフト」を活用してみてはいかがでしょうか?

▶︎  送料無料、梱包不要、簡単・手軽にキャンペーンプレゼントが贈れるデジタルギフトサービス「i-gift」

次のおすすめ記事